癒しの場としてのソファー

あなたにとっての癒しというものは何でしょうか。ある人にとってそれは寝ることであったり、またある人にとっては読書をしたり、音楽を聴くことであったりとそれは人によってそれぞれにあるはずです。しかしながらその場所は、あなたがゆったりとくつろいでいられる場所というものはおおよそにおいて決まっているのではないでしょうか。おそらく一番多いのが自分の寝室。それに続いては自宅のリビング、といったふうに自分のライフサイクルの一部に属する場所において多くの人は癒しを求めるのです。そこできっと必要とされてくる存在がソファーなのです。ソファーは、たとえば自宅のリビングにおいては中心となる存在です。ある時はそこに腰掛けてテレビを見たり家族と会話することで団欒を図ったり、そしてまたあるときには少しばかりの仮眠をそこで取ったりすることの出来る、いわばリラクゼーションスペースなのです。

ソファーが一つそこにあるだけで輪が出来ます。家族の信頼の輪、友人達とのにぎやかな友情の輪、恋人同士の愛情の輪。それは人によって違うでしょうが、それ一つが作り出す効果は数え切れないほどに多く、私達にとって生活の中心となりうるものなのです。しかしながらソファーというものはごく小さいものではなく、確かに場所をとるものだということは否めません。いくら癒しの場だからと言って生活に必要なスペースを奪い、それによって快適な毎日を圧迫することはあってはなりません。しかし心配はありません。ソファーには様々な種類があり、例えば一人暮らしでワンルームに暮らしている人にはソファベッドがお勧めです。これは折りたたむことによってソファーにもベッドにも変形することの出来るもので、これならばスペースが必要な時には折りたたんで椅子として腰掛けることが出来ますし、また寝るときには開いてベッドとして利用することが出来ます。その時々に応じ、またそれがある場所にも合った家具を選ぶことも癒しの場を求めるということには必要なのです。私達にとって必要なことは見極めることです。自分自身に何が必要で、また何が足りていないかを良く考えてからでないと何事もうまくはいきません。

それは自分のライフワークの中でもそういえるでしょう。ソファーはその中の例の一つです。あなたにとっての癒しの場、そして生活の中心となっていくそのものに関してもっと目を向け、そして私達は自分の生活を見直していくべきなのです。

Blog Home